お客様の声

ここでは当社で結婚契約書をお作りになられたお客様の声を一部掲載します。ご夫婦の数だけ「約束」の中身も違い、想いも様々です。

Kさん
ご夫婦

夫:35歳 
妻:38歳

結婚契約書作成

主人のミュージシャンになる夢に付き合っていたらいつも間にかこんな年齢になってしまった姉さん女房の私。主人も35歳を機にすっぱりとミュージシャンの夢は諦め、今は普通の一般企業にサラリーマンとして勤めています。

今度は「普通の家庭を作りたい」という私の夢に付き合ってもらうべく、不安を解消する何か形になるものがあればな〜と思っていました。たまたま検索でたどり着いたハッピーエンドロールさんのサービスを見つけ、

「あ!こんなサービス探してた」 と思って今回申し込みをしました。

契約書の内容はいつまでも出会った頃の気持ちを忘れたくなくて、理想の家族像や家族間での簡単なルール、記念日にはお互いに感謝の気持を伝え合えるようラブレターに近い感覚で作ってもらいました。主人に不信感を持っているわけではありませんが、ちょっとした心のゆとりと言いますか、不安が解消された気分です。主人も快く応じてくれて今はとてもハッピーです。


Sさん
ご夫婦

夫:44歳 
妻:32歳

再婚契約書作成 遺言書作成

実は私はバツイチで10歳以上年が離れている彼女とは再婚になります。彼女は「契約書なんて堅苦しいものはいらない」と言ってくれましたが、過去の経験から口約束ではない「自分の気持ち」を形にしたくて、今回このようなサービスがあると知り作ってもらうことにしました。

今回の再婚を真剣に考えていると彼女も喜んでくれましたし、私も法的に有効な文書を残したことで身が引き締まりました。もちろん不純な気持ちは初めから持っていませんが、より一層幸せな家庭を作りたいという気持ちになりました。

初めは再婚契約書のみをお願いしようと思っていたのですが、司法書士の先生のアドバイスで一緒に遺言書作成も同時に作っていただきました。彼女もこんな気持ちのこもったプレゼントは聞いたことがないと、とても喜んでくれました。本当にありがとうございました。


Tさん
ご夫婦

夫:51歳 
妻:48歳

事実婚契約書作成

お互い自分の経営する会社が忙しくて、婚姻届を出さずじまいでズルズルと時が過ぎてしまいました。50歳を目の前にしてふと「老後の不安」と「お互いの気持ち」を再度確認するための何か良いアイディアはないものかと考えていました。

ひょんなきっかけで友人にその旨を話したところ、こちらのホームページを見つけてきてくれて、一度相談することにしてみました。司法書士の先生による法的な観点から見たアドバイスで契約書を作成してくれるとのことで、とても気に入り、相方にも説明したところ「お互いを信用していないわけではないけど、事実婚な訳だし、口約束なんかよりもよっぽどいいね」と承諾。先生を含めて3人でとことん突き詰めて事実婚契約書を作っていただきました。

こんな契約書1枚ですが、お互いの気持ちを再確認することもできたし、老後の不安も多少解消された気がします。作っていただいて本当によかったと思います。ありがとうございました。


Fさん
ご夫婦

夫:40歳 
妻:37歳

遺言書作成

前妻とは性格の不一致で別れることになってしましましたが、子どもには罪はありません。この度、再婚することになったのですが再婚時、いちばん気になっていたのは前婚で別れた子どもへの相続のことでした。

再婚は当事者の問題だけではなく、夫婦をとりまく両親や兄弟、そして別れた子どもと、再婚後に生まれた子どもや妻が「相続」という場面でも揉めることもあるのそうです。そこで今回は思い切って司法書士の先生と相談し、きちんとした遺言書を残すことにしました。

「まだ若いのに遺言書なんて・・・」と周りの友人から言われてしまいましたが、若いからこそしっかりとした意思で遺言が残せるし、私もいつ不慮の事故や病気になるかわかりませんし、繰り返しますが子どもには罪はありませんから。父親の本能が今回の行動になったのかもしれませんね。